海洋土木 河川土木 陸上土木のエキスパート 【株式会社トマック】
2003/3/14 ISO9001取得
株式会社トマック 採用情報
TOP > 採用情報 > 教育研修制度
舞台は海
リクルート情報はこちら
〜先輩が語る仕事と夢〜
〜一人前を目指せ!〜

当社では、入社当初から一貫した社内教育・研修制度を実施しています。
入社直後の新入社員研修から始まり、フォロー研修、安全研修、幹部研修と続き日常業務の中でもOJT(On the job training)を
行います。さらに必要な資格──土木施工管理技士、海技士、無線免許などについては随時取得の体制を整備しています。これらの専門技術を取得できるのも当社ならではのメリットと言えます。
そして、これらの取得した専門技術をいかに活用するかの鍵を握っているのが自己啓発。入社してからの成長の度合いは本人の意思が大きく影響します。
そのため当社では、社員各人が自分の進む道を方向づけ、自己発展を図っていけるよう、温かく、ときには厳しく指導していく方針で臨んでいます。この育成方針のもとで、当社の社員はのびのびと個性を発揮して、各方面で活躍しています。

〜船長OJT〜

第二東揚号 船長
長丸 仁
■ 全体的な指導方針

指導方針は三つの柱を考えています。人にはそれぞれ違った能力や知識がありますが、
誰もが持たなければならないものがあります。
一つ目は『責任感』です。各作業を一人一人が責任を持って終わらすよう指導しています。
二つ目は『好奇心』です。わからないことがある際、先輩に聞いて終わりだというだけでなく、聞いた事に対して(これで良いのか?
どうしてそうなるの?)と疑問を投げかけ一緒になって考えるよう努めています。
最後に『協調性』です。仕事はやはり一人だけではできません。みんなの協力があってこそ成り立つものだと思っています。

■ 若手社員の指導方針

まずは基本的な作業を覚えさせ、技術力となる基礎が身に付くようにしています。
基礎がしっかり身に付いたら次は段階を踏ませ少しずつ責任のある仕事を指示するようにしています。
また人は達成感をあじわう事で仕事にも意欲が湧いてくると考えています。一人一人の能力に応じて、自船で行う作業の計画から施工までの責任感を各自に持たせ、最後まで実施させる事が、トマックの魅力とする技術力の高い若手社員を増やす方法のひとつだと考えています。
第二東揚号は現在船内居住している為、仕事のみならず生活のマナーなど様々な面にたいしても指導していきたいと思います。

【入社 3年目・西山 雅之君への指導】

何事にも積極的に取り組む西山君には、本船に来て4ヶ月間は運転施工管理を中心に船全般の仕事をマスターさせました。
これからは各機器の能力及びシステムについて覚えるよう指導しています。また責任感・達成感を実感させる指導のひとつとして、船内のステージ拡張工事に準備から施工完了まで責任を持って実施させました。


【機関室内ステージ拡張】